理想のパパと出会うことが出来たpapakatu

キャバクラのバイトができなくなりpapakatuへ

コロナ禍でバイトが思うようにできなくなりました。
というのも、歌舞伎町のキャバクラで働いていたというのがあって、もろにその影響があったからです。
緊急事態宣言が発令される前から、とにかく夜の街がどうのこうのいわれていて、それもありますが宣言が出てからさらにです。
19時までお酒の提供、そして20時閉店というのはこの世界ではもう働くなといわれているようなものです。
昼間は学校に通っていますし、その学費を捻出するということデモ働いている目的になっているので、それをやめることもできませんがほかの仕事を探すというのも難しいと悩んでいました。
すると同じお店で働いていた友達が、最近papakatuをしてとても素敵な人と出会えたといっていたことを思い出しました。
そもそもキャバクラ自体が、男性に自分を買ってもらうという認識でやっているわけですし、その部分の違いが個人的な付き合いになるかどうかの違いぐらいだろうという目論見もあったので、問題はそこまで私的にはないのです。
そう考えたら自分でもpapakatuを始めてみるのも良いかもという感じになりました。
友達曰く、街を歩いていてもレベルの高い男性に出会えるわけではないし、やっぱり効率よく出会いたいならアプリを使ったりするのが良いということを教えてくれました。

キャバクラのバイトができなくなりpapakatuへ / ハイクラスな人が利用するアプリで登録し男性を選ぶ / 二人の人と条件が合いお付き合いすることに